2022年01月21日

逃亡日記と567茶番劇と群集心理(

半年ぐらい放置し逃亡生活wをしていました(
とりあえず生きてます、現実逃避してました。
567茶番劇にうんざりして暫く海外にいたのですが
思ってた以上に日本って洗脳国家だった事が解りました
大事なニュース(主に隣国の内情)とか全然報じず
未だに偏向報道で矛先を変えるのに必死とか
正直、もう日本メディアは吐き気がするぐらいになり
TV捨てました(はーと♪
(制作日記の本文はかなり下)

そういえば、随分前にここでも書きましたが
海外の知人が亡くなった話をしましたよね
改めて知人のお店へ訪ねてみたところ
妹さん曰く――
実は567じゃなく過敏性肺炎だった……との事。
他にもインフルエンザを567判定にしているケースも多く
例年に比べ明らかにインフル感染者が激減し
567だけが突出した結果になっています
ウイルス干渉という説だけでは片付けられない数字です。
オミクロンも実際は只の風邪です、騙されないようにw
風邪というのは毎度毎度DNAが変化するものなので
特効薬はありませんし、ワクチンも意味がありません。
風邪には特定の名は付けられていません
英語でもcommon cold(一般的感冒)
仏語でもdu froid(寒さ、duは男性名詞の前に付ける言葉)
つまり世界各国でも風邪には個別名は付いていません
なので、新種ウイルス=オミクロン=風邪と言い張っても
嘘という事にはならないんですね……
そもそも風邪自体が常にDNA変化を繰り返す病原体なので。

今[ワクチン]と呼ばれているものも実際は
ワクチンとは呼べない代物となっています
本物を作るには些細な特効薬でさえ10年以上は必要
基礎構築→基礎研究→臨床試験→承認→製造の手順となり
基礎段階3~4年、臨床試験2~3年、製造2~3年と言われます
世界的大規模需要となり膨大な資金と人手があったとしても
567流行が2020年の春ぐらいだったので
1年程度で出来た薬――という結果になります
承認と製造は膨大な資金と人脈で解決可能なので省きます
基礎期間は? 臨床回数は?
つまり、そういう事です。
ならば、何故に567ヤベー567ヤベーと騒ぐのか……
簡単に言えば、群集心理を利用した利益回収
それが567騒動の正体だと言えます。
→世界各国の人間がお金を使わず貯蓄に走る
→お金が回らないので企業利益が減る
→芸能関係や多方面での娯楽で回収を試みる
→報道やメディアとの癒着がバレ始める
→矛先を変える必要がある
→人間にとって重要な健康面に目を付ける
→ついでに群集心理を煽って大規模な流れを作る
→567発生
→世界各国が健康に気を配るようになる
何が言いたいのか……といえば
結局、この世界は資本家という大金持ちが
世界を動かしている――という事実です。
そもそも彼らは株式会社アメリカを有しており
共産支配テスト国家チャイナも持ってますからw

そんなこんなで、ただいまですよ。
同じく放置していたftofの制作もゆるーく再開します

ftof_vs_Kubira.png
↑自分で描いてみたボスさん

まずは上記画像のボスですが
ちびキャラで動かそうと思っていた……けど
何故か自分で描いてみよう! という無謀な挑戦をw
顔以外は自分でツクりました! 雑すぎぃぃ
いづるさんごめんなさい許してぇぇ(
でも、それっぽい雰囲気が出たと思うので採用!

それにしてもftofかなりの難産ですね
ツクり始めたのが2019年の秋ぐらい?だったので
2年以上経ってますよおおおおお
コレはまずい、ひじょおおおにまずい……
今年で完成するのか? というかいつ完成するの?
モチベも激落ちてるし、危険な予感しかないw
――などと草生やしてる場合じゃないですわ!
後、戦闘バランスも調整したいけど
とりあえずは黎明組編を片付ける方が先かな。

正直、別ゲームをツクりたい気持ちが……(ォィィ




posted by くお at 16:29| Comment(5) | 制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月12日

favorabLe turn of foRtun 進捗状況52

一ヶ月ぶりのカキコです、すみません
相変わらずツクツクする暇が無く
週に1〜2時間程度の作業となっています。

それと十二章後編が黎明組の最終章という事で
ツクり込みがちょっと多いのもあって
更新がかなり遅れてます。

ftof_battle_Onatsu.png
↑化け猫的なボスです、技名はスウカと読みます

前に書いたかもですが
イベントに火事を組み込む為に火属性ボスを用意
炎を操る化け猫がボスとして登場し
物語の内容も陰鬱な感じにツクっています。
なんやかんや起きて葦原橋が大火事に見舞われ
その時に登場する予定になっています。

後は、各キャラの調整を行っています
特に律の補助(助奏曲系の固有技)を通常加算ではなく
別枠にし通常加算と共有させ
数値も1.2→1.5倍に変更します、はい。
これで補助特化に相応しい性能になるカモ。
誠と朔乃も強化したいのですが、案が浮かばない……
常識人不遇説(

黎明組キャラの主な役割
・伴瀬(五行の万能)
・菜穂(陰陽の万能)
・陽志(物理火力特化&火力バフ&体力低下係)
・斎(物理特化・かばう)
・白花(術特化・回復補助)
・天才(バランス型・無属性)
・番長(バランス型・毒)
・誠(バランス型・100%強化解除)
・律(術特化・属性概念無し・補助)
・与兵衛(バランス型・多段攻撃)
・三号様(術特化・即死・自分以外全体回復)
・布仮面(物理特化・かばう)
・朔乃(術特化・回復補助)
・れんれん(バランス・逆境特化・支援混乱)
・隠し仲間(術特化・独自の補助多数)先天=【陽】

次回の更新で
律・与兵衛・性悪三号の調整が入ります。
その次に誠と朔乃の二人を強化したいところですが
どのように伸ばすか悩み中……


posted by くお at 13:44| Comment(1) | 制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月12日

favorabLe turn of foRtun 進捗状況51

珍しい時間帯でカキカキ
前回で言いましたが、まだ少し忙しく
平日はツクールを触る時間がありませんし
GWなんてありませんでしたぁぁぁああぁぁ(
その分どこかで休める筈だと思いますが。
なんか去年もGWが無かった気が???

そんなこんなでブログを書く暇すらなく
休日に1~2時間ツクツクする環境下です。
なので全然ツクれていません。
とはいえ亀速度で徐々に進んでます、一応……

ftof_skill_Itsuikanshi.png
↑脅威の12hit!! (読みはイツイカンシ)

はい、与兵衛さんだけ連携が無かったのは
れんれんさんと組ませる為でした。
見ての通り、超多段攻撃となっており
更に会心効果も乗ります。
攻撃力と会心率を高めれば凄いdmgが期待できるカモ?
ちなみに発動者は与兵衛さんになります。
十二章後編のサブイベントで習得させる予定。

それで十二章後編が黎明組最終話となるのですが
収まるかどうか若干不安になってきました(
陽志と白花の奉行所呼び出しに加え
江戸時代でも厄介だった火事、これを取り入れ
大きなイベントにするつもりなのですが
一周目バッドエンドまでの流れもあるし
一話で収まるのか? という状況です、はい。

あと、隠し仲間は真ルートから加入する予定です
これは黎明組・魄世衆ともに同じで
使えるのは、まだまだ先となりますが
隠し扱いなので、破格の性能になりそうです。
後は、連携をどうするかですね……
本当はもっと用意したいのですが、時間も無いので
最悪、二連・三連・四連と各自一回ぐらい絡む程度
五連は性悪orはぇ?含む特殊パターンのみ――と
多分そうなりそうです、もしくは連携撤廃(

何度も言いますが……
連携は、システムそのものを消す可能性有り
これは時間が無いのとツクるのが超面倒()で
先ずは完成を急ぐ為、切り捨てるならば
一番に時間を取られる連携が候補となります
動作確認に何度も何度も何度もテストし
試行回数も多く、キャラの動きも微調整が必要……
なので、今のうちから告知しておきます

連携 消す 可能性 有り!

その時は、各自の潜在能力とか固有技
こっちに大幅な調整をするつもりです、はい。

ftof_FourElementBeast.png
↑大分先で戦うボス、お約束とも言える四聖獣

上の画像は真ルートで戦う事になるボスたちです
和風モノと言えばお約束の方々ですね。
でも名前は変えようかと思います
一応は日本じゃなく葦原なので(
元々は結構前に発売されたツクール和風素材ですが
サイドビュー用に少し手直しを加えてます
多分、もうちょっと変えるカモ?
soRGの王霊みたいに何度も戦える仕様にして
得られる素材で装備を作成・強化させて
初回は大咒術習得――という予定。
けど、木火金水はいいけど……
土は黄龍なので後回しになるんですかね、これ?


posted by くお at 17:14| Comment(0) | 制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月26日

favorabLe turn of foRtun 進捗状況50

くおんばんはです、遅れを取り戻す為に
制作再開は二月からでしたが
少し早めにツクツクしております。
それで、次のupは十一章なんですが
十二章・前編も盛り込む事にします。

ftof_battle_AyasakaraKirimayohashi.png
↑新ローブマン・理抗霧幻(アヤサカラキリマヨハシ)

ftof_Batlle_ep11.png
↑十二章前編で戦うボス

あえて姿を見せないという……
それと、称号専用ステートですけど
画像にあるように日の丸っぽい感じとなります。
(画像例だと、前回の記事に載せた[変革スル心]です)
とりあえず称号システムはテストも上手くいき
何とか実装出来そうです、はい。
称号は本編や依頼などで入手する事になり
十二章開始時点で十一個の称号が得られます
なので、次回更新時には十一章開始時点で
自動的に獲得出来る修正個所を入れます。
その分、完成版の中盤までは少し難易度が落ちそう?
ちなみに、ドロップ率upの称号もあるので
戦利品収集も少し楽になるかもですよ。

という事で、本編もギャグ展開を控え
シリアスモードへ移行……というか
一周目は例の如くBAD END直行なんですよね
またかよぉ――とか聞こえそうですが(
そんなこんなで、多分二月の頭?
そのぐらいにはup出来る予定です、はい。


posted by くお at 18:52| Comment(2) | 制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

favorabLe turn of foRtun 進捗状況49

はい、真夜中に久しぶりの進捗日記です。
前回の制作日記が去年の十月(((

そんなこんなで、少しずつ制作再開
大分間が空いたので普通の更新ではなく
新たな要素を取り入れようと思います。
簡単に言うと、称号システム?っぽいの

!title.png
↑追加予定の称号機能

簡単に言えば、入手した称号を選ぶと能力値が加算する
全員に体力5%up+体力再生1%――とか
単純な能力値加算だけでなく+@な感じ……だけど
劇的に変化する程でもない……けれど
戦闘中というか宿に泊まっても解除されない仕様で
特定の場所で付け外しする――という予定。
現在の構想で、九種類x三段階となってます、下記に例を
・彷徨人―――――(体力5%+体力再生1%)
・変革スル心―――(体力10%+体力再生2%)
・天ヘ挑ム性悪――(体力15%+体力再生3%)
ただ、主人公がアレなんで称号名が(

次は本編について

ftof_the_6th_Sealed_place.png
↑黎明組編第十一章で行く怪しい場所

十一章では鶏頭の霧積峡にあった謎の社
あそこに入れるようになります。
ここの探索が終わり黎禅寺に戻ると
黎明組編最終章・前編という流れになります。

横道では別中津洞が更新。

ftof_Myou_Magahara_mon.png
↑別中津洞の最下層

なんかDtDで見たボスっぽいのが居ますけど、流用しましたw

ftof_demonns6.png
↑中ボス一味の図

VXのrtpデーモンを木火土金水+邪という感じで改造
別中津洞最下層では彼らが雑魚敵として徘徊……
今まで遭遇したボス時の戦力も一新されます。
火と風は十章で遭遇し、金は別中津洞が初かな。

別中津洞は一旦ここで通行止めとなり
最終章にて[冥凶原(ミョウマガハラ)]という場所に続き
その奥では、本編や性悪一号に深く関わる人?が居ます。
ちなみに、本作での最強の敵はラスボスになる予定です
→本編クリア
→クリア後オマケ解禁、小物ゲストと大物ゲスト二人を倒す
→冥凶原の最深部開放(少し第一宇宙時代の話を挟む予定*)
→裏ボス撃破
→本編ラストが変化、ラスボス超強化
→真エンド
→訳あってカーン・リニーンの出番は一切ありません(
→訳あって本作では幻影の領域は登場しません
→上記二つの原因は性悪一号の所為d(
→本編クリアだけでも一応は完結します

という流れになります。

*について
第一と第三宇宙時代はRPG化する予定が無いので
第二宇宙時代で少し触れる程度に盛り込みます。
後々、niL homini ceRtum estのように
ヴィジュアルノベル風にツクるかもしれませんが未定
先ずはトリロジー最終編である第三部へ着手します。
まだ黎明組編すら終わっていませんが(



posted by くお at 00:30| Comment(0) | 制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする