2020年04月19日

favorabLe turn of foRtun 進捗状況39

くおんにちは、細々と更新中です。
今回は二話まとめてupする予定
黎明組編第九章は完成し
現在は第十章をツクツク
舞台も再び西側へと移動し
攘夷派拠点の桂秋(けいしゅう)藩という場になり
その町マップをツクり終え
秋白之堂というマップに取り掛かったところです。

ftof_map_Shuubyaku_no_Takadono.png
↑秋白之堂(多分もう少し手を加えるカモ)

最後の四浄堂で、秋らしく紅葉が舞う場所で
地下へと続く作りとなっています。
それと、桂秋という町ですが
日ノ内と同様に海外との貿易が盛んですが
あちらと違い、洋風と和風が混在する町となります。
物語的にも攘夷派と輔翼派が激突し
招杜羅、摩虎羅、有虎&天次郎などが登場。

ftof_Battle_of_Fate_vs_serpens.png
↑九章で発生するボス戦

上の画像は九章の夏朱之堂での命勝負
一応、詠唱台詞で顔を隠していますw
かなりの強敵で、先行試作型尊値兵零番(波夷羅)と同じく
こちらも一周目で勝つのはかなり厳しいバランスです。
過去作(特にsoRGとDtD)Play済みだと
何が何でも倒したくなるかも……

ちなみに、九章の時点で
残りの十二神将、毘羯羅、安底羅、摩虎羅も姿を見せ
これで全員が登場した事になります。
毘羯羅は謎の人物という設定
安底羅は上のボスさんと同じく夏朱之堂で登場
摩虎羅は第十章で黎明組と関わります。

先日も言いましたが、問題は
桂秋のNPC配置ですね……凄まじく面倒(
それと、桂秋というマップには過去作から
本編に関わらない程度でゲストキャラを置く予定です
多分、依頼とは別のサブイベントを用意するカモ。



posted by くお at 15:29| Comment(0) | 制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。